2021新型ボンネビルシリーズ発表

2021新型ボンネビルシリーズ発表

ブリティッシュアイコンが美しく進化したニューモデル。
より高性能に、より機能的に、そしてよりスタイリッシュに。

トライアンフの伝統を受け継ぐモダンクラシックシリーズの2021年モデルが登場。パフォーマンス、機能性、スタイルが大幅にアップデートされました。

時代を超えたクラシカルなボンネビルT120、T120ブラック、T100、スタイリッシュなモダンカスタムのストリートツイン、限定モデルのストリートツインゴールドライン、ゆったりとしたクルーザーのボンネビルスピードマスター、カスタムの真髄ボンネビルボバー。それぞれが美しく進化しました。

2021新型ボンネビルT120 & T120ブラック

MY21_T120_HF1

パフォーマンス

  • 1200cc高トルク型ツインエンジンをアップデート、ユーロ5適合
  • レスポンス向上、排出ガス低減

ハンドリング

  • 7kgの軽量化
  • 新設計の軽量アルミホイールリム
  • 新設計でハイスペックなブレンボ製ブレーキとツインディスク
  • よりダイナミックで俊敏でニュートラルな乗り味

テクノロジー

  • クルーズコントロールを標準装備に追加
  • 「ロード」と「レイン」のライディングモードを強化

スタイルとディテール

  • 新設計メーターパネル、ロゴ付き

アクセサリー116種類


2021新型ボンネビルT100

MY21_T100_HF1

パフォーマンス

  • 10PS向上の65PS@7,400rpm、80Nm@3,750rpm
  • レスポンス向上、レブリミットが500rpm上昇
  • 900cc高トルク型ツインエンジンをアップデート、ユーロ5適合
  • レスポンス向上、排出ガス低減

ハンドリング

  • 4kgの軽量化
  • 新設計カートリッジフォーク
  • 新設計でハイスペックなブレンボ製フロントブレーキ

スタイルとディテール

  • 新設計メーターパネル、ロゴ付き
  • 新設計のエンジンカバーとカムカバーをブラックパウダーコート

アクセサリー117種類


2021新型ストリートツイン

MY21_StreetTwin_HF1

パフォーマンス

  • 900cc高トルク型ツインエンジンをアップデート、ユーロ5適合
  • 排出ガス低減

快適性とスタイル

  • クッションが厚くなり、座り心地が向上したベンチシート
  • 新設計のキャストホイールとマシニング仕上げのスポーク
  • 新設計のボディパーツ、ディテールにブラッシュドアルミニウム採用

ライダーの自信を後押しするハイスペック装備

  • 軽量で機敏な乗り味をもたらす低めのシート高765mm
  • ブレンボ製フロントブレーキキャリパー
  • ライディングモード2種類、LEDリアライト、ABS、切替式トラクションコントロール

アクセサリー120種類


2021新型ストリートツイン ゴールドライン リミテッドエディション

MY21_StreetTwinGoldLine_HF2

1000台限定

  • 証明書付き

手描きライン入りの特別なカスタム

  • トライアンフ塗装ショップの高度な職人技
  • マットサファイアブラックのボディに映える手描きのゴールドライン

2021新型ストリートツインに施されたアップデートをすべて踏襲

  • パフォーマンスの向上と排出ガスの低減
  • 新ベンチシート、新キャストホイール、新ボディワークなど、快適性とスタイルが向上


2021新型ボンネビルスピードマスター

MY21_SpeedMaster_HR2

パフォーマンス

  • 1200cc高トルク型ツインエンジンをアップデート、ユーロ5適合
  • レスポンス向上、排出ガス低減

ハンドリング

  • よりハイスペックになったショーワ製47mm径カートリッジフォーク
  • ライダーとパッセンジャーの快適性向上

スタイルとディテール

  • 新設計メーターパネル

アクセサリー79種類


2021新型ボンネビルボバー

MY21_Bobber_HF1

パフォーマンス

  • 1200cc高トルク型ツインエンジンをアップデート、ユーロ5適合
  • 慣性力低減によりレスポンス向上
  • 排出ガス低減

各種装備

  • 大型化された12リットルの新設計燃料タンク
  • よりハイスペックになったブレンボ製ブレーキとショーワ製フォーク
  • 幅広な16インチの新設計フロントホイール

ブラックアウトされた新鮮なスタイルとディテール

  • 新設計のエンジンカバー、カムカバー、スプロケットカバーをブラックパウダーコート
  • 新設計のメーター

アクセサリー77種類

1959年に誕生した初代トライアンフボンネビルから由緒正しい血統を受け継ぎ、英国バイクの象徴的存在であるモダンクラシックのボンネビルシリーズが2021年モデルにアップデートされました。往年のテイストを色濃く反映したボンネビルT120、T120ブラック、T100、モダンカスタムのストリートツインと限定モデルのストリートツイン ゴールドライン、クラシカルなクルーザーモデルのボンネビルスピードマスター、王道的存在のボンネビルボバーがラインアップしています。

これらの最新モデルは、トライアンフヒンクリー工場の最先端R&Dセンターにて、専任の英国設計チームによって設計、開発、試作が行われました。ボンネビルシリーズは伝統的なデザインDNAを継承しつつ、最先端の装備を搭載し、トライアンフに求められる最高の品質と乗り味を実現しています。

昨年発売され、国際的に高評価を得たスラクストンRSに続き、2021年4月にはボンネビルの最新モデルを発表し、ラインアップのさらなる充実を図ります。スクランブラー1200とストリートスクランブラーの新モデルについても近日発表します。


2021新型ボンネビルT120&T120ブラック

不朽のスタイル。高い実用性。こだわりの美しさ。

トルクリッチな1200ccツインエンジンのパフォーマンス、洗練されたセッティング、ボンネビルならではの美しいDNAが特長の英国流正統派バイクが2021年に大幅にアップグレードされ、時代を超越したキャラクターと優れた乗りやすさで新たなベンチマークを確立します。トータルで7kgの軽量化に加え、新設計の軽量アルミニウムホイールリムやハイスペック化された新設計ブレンボ製ブレーキの採用によってハンドリングが格段に向上した上、クルーズコントロールの搭載、ライディングモードの強化、スロットルレスポンスの向上など、ライダーのためのテクノロジーもさらに進化しています。ボンネビルの伝説に終わりはありません。

エンジンとパフォーマンス

新型ボンネビルT120とT120ブラックは、トライアンフが誇る1200cc高トルク型ブリティッシュツインを搭載し、これまで以上に優れたライディング体験を実現します。T120の新設計エンジンは、軽量なクランクシャフトを採用し、質量が大幅に軽量化されています。加えて、クラッチとバランサーシャフトの最適化によって慣性力を低減し、スロットルレスポンスを格段に向上させています。

専用のエンジンチューンによって低中速域で高トルクを発生し、爽快なパフォーマンスを実現します。1,200ccツインエンジンが3,500rpmという低回転で最大トルク105Nm、6,550rpmで最高出力80PSを発揮します。

精密な水冷システムを搭載し、アップグレードされたエンジンはユーロ5の基準をクリア。先代よりも排出ガスが低減し、燃費性能にも優れます。

T120とT120ブラックは両モデルとも定期点検までの走行距離が1万6千キロと非常に長く、維持費を抑えることができます。

向上したハンドリング

新型T120は、7kgの軽量化によってハンドリングが向上しています。新設計アルミニウムホイールリム(フロントが18インチ×2.75インチ、リアが17インチ×4.25インチ)により、バネ下重量と慣性力が大幅に低減し、走行時の俊敏性と操作性に加え、停止時の取り回し性もアップしています。

ブレーキシステムには、よりハイスペックになったブレンボ製フロントブレーキにツインブレーキディスクと2ピストンスライディングキャリパーを採用し、優れた制動力と向上したブレーキフィールをもたらします。トライアンフ最新のABSと切替式トラクションコントロールを搭載し、安全性とコントロール性を最大限確保します。

軽量化、新設計ホイール、ハイスペックなブレーキの組み合わせにより、ボンネビルT120史上最高のハンドリングを提供します。

向上したテクノロジー

新型T120はクルーズコントロールが標準装備に追加され、ライディングモードが強化されるなど、先代モデルよりもハイスペックなテクノロジーを搭載しています。

クルーズコントロールはハンドルバーの専用ボタンで操作でき、非常にユーザーフレンドリーです。ライディングモードの選択も簡単です。路面状況に応じて「ロード」または「レイン」のライディングモードを選択すると、バイクの挙動が最適化されます。

トルクアシストクラッチも標準装備され、交通量の多い街中や長距離を走行する際にライダーの疲労を軽減します。そのほかにもキー内蔵式エンジンイモビライザー、シート下の便利なUSB電源ソケットなどの最新技術が標準装備され、ライダーをサポートします。また、オプションのグリップヒーター用の配線があらかじめ内蔵されているため、グリップヒーターを簡単に装着できます。

ヘッドライトには特徴的なLEDデイタイムランニングライトが一体化され、他の道路利用者からの視認性を高めます(各地域の規制に準じます)。

向上したスタイル

T120のアイコニックな佇まいにトライアンフ最新のプレミアムな装備が溶け込み、見紛うことのないボンネビルのスタイルがさらに進化しました。

ツインメーターは高級感ある新デザインの3Dメーターパネルに「BONNEVILLE」のロゴを入れ、字体とカラーをクラシカルにまとめました。マルチファンクションデジタルディスプレイには、ライディングモードの設定、クルーズコントロールの状態、ギアポジションインジケーターなど、ライダーに必要な情報がすべて表示され、ハンドルバーのスクロールボタンで直感的に操作できます。

どっしりとしたタンクはニーパッド付き。クロームめっきが美しい3本ラインのメタルバッジはデザインが新しくなり、T120の個性的なスタイリングに新鮮な味わいをプラスします。

クラシカルさが持ち味のボンネビルT120は、ミラーやマッドガードステー、ウィンカー、サイレンサー、ハンドルバー、ヘッドライトベゼル、フィラーキャップなどにプレミアムなクローム仕上げを随所に施し、時代を超えて愛される独特のスタイルを現代に蘇らせています。リブ付きのシートにはコントラストのパイピングをあしらい、エンボス加工のトライアンフロゴを付けました。

ボンネビルT120ブラックは渋さとダークさを強調したモデルです。ホイールリム、グラブレール、エンジンカバー、ミラー、ヘッドライトベゼル、ウィンカー、エキゾーストなどをすべてブラックで統一し、スタイリッシュなブラウンのベンチシートにはエンボス加工されたトライアンフのロゴをプラスしました。

T120とT120ブラック向けのトライアンフ純正アクセサリーは116種類あり、カスタマイズも楽しめます。

T120のボディカラーはスタイリッシュな3種類。シングルカラーならジェットブラック、ツートンカラーならコードバンレッド/シルバーアイスまたはコバルトブルー/シルバーアイスとなり、この2種類には手描きのゴールドラインが入ります。

T120ブラックのボディカラーはジェットブラック、またはマットジェットブラック/マットグラファイトの2種類で、ツートンカラーにはシルバーのコーチラインが手描きされます。


2021新型ボンネビルT100

クラシカルなスタイル。高い実用性。こだわりの美しさ。

T100はボンネビルに初めて乗る方にぴったりなモデルです。オーセンティックで独創的な新型T100は、トルクリッチでスリリングなパフォーマンスと自信を鼓舞するハンドリング、そして時代を超越したスタイルが持ち味。大幅にアップグレードされた最新の900cc高トルク型ツインエンジンは出力が10PS向上し、排出ガスは低減しています。加えて、軽量化の実現、ブレーキとサスペンションのハイスペック化、ライダーをサポートする最新テクノロジーや洗練された新デザインのディテールの採用により、これまで以上に優雅で洗練された乗り味を実現します。

MY21_T100_HR2

向上したパフォーマンス

新型ボンネビルT100は、900cc高トルク型ボンネビルツインエンジンを搭載しています。2021年モデルのために大幅にアップデートされ、より軽量でレスポンスに優れたエンジンとなっています。

最高出力は先代モデルより10PS向上した65PS@7,400rpm、最大トルクは80Nm@3,750rpm。2,000rpmから7,000rpmの間で最大トルクの80%を発生することが可能で、必要なときにいつでも強力な加速を実現します。エンジンのアップデートによって3,500rpmの低回転からレブリミットに至るまで、パワーとトルクが向上しています。レブリミットは先代モデルより500rpm上昇しました。

このエンジンはユーロ5の基準をクリアし、排出ガス低減と燃費向上を果たしています。

先代モデルより大幅に軽量化されたエンジンには、慣性力を抑えたクランクシャフト、軽量バランサーシャフト、薄肉のクラッチカバー、マグネシウムカムカバーが採用され、T100のトータル4kgの軽量化に大きく貢献しています。こうした軽量化と向上したパワーとが相まって、スロットルレスポンスと乗り味が著しく向上しました。

定期点検までの走行距離が1万6千キロと非常に長く、維持費を抑えることができるのも魅力です。

欧州では、T100にA2ライセンスキットを装着できます。オーナーが必要な免許を取得すれば、トライアンフディーラーにてキットを取り外し、出力制限を解除できます。各地域の法規制に準じます。

向上したハンドリング

2021新型ボンネビルT100のハンドリングは、4kgの軽量化によってさらに強化され、敏捷性が飛躍的に向上しています。

よりハイスペックになったブレンボ製2ピストンフロントブレーキは食いつきが良く、上質なブレーキフィールで優れた制動力を発揮します。

新設計でハイスペックなカートリッジフロントフォーク、ツインリアショック、クラシカルな32本スポークホイールを組み合わせ、俊敏で扱いやすい乗り味をさらに高め、ライダーの自信を後押しします。

巧みに取り込まれた最新式ABSと切替式トラクションコントロールが絶妙な介入でライダーの安全性を最大限に確保し、スムーズなライディングを叶えます。

ライダーシートとパッセンジャーシートは座り心地が良く、ちょっとしたお出かけはもちろん、ロングライドも快適です。ライダーの疲労軽減にはトルクアシストクラッチも役立ちます。

シートはキーで簡単に開けることができ、シート下には便利なUSB電源が設けられています。シート高は790mmで足つき性が良好。車体がスリムでまたがりやすく、停止状態で安定しやすく安心です。

向上したスタイルとディテール

2021新型ボンネビルT100も新メーターパネルを装備し、「BONNEVILLE」のロゴとクラシカルな字体が採用されています。メーターパネルに一体化されたマルチファンクションディスプレイは、ハンドルバーのスクロールボタンで簡単に操作できます。

往年のボンネビルDNAを活かしたディテールはオーセンティックで美しく、シートにはコントラストパイピングがあしらわれ、ボンネビルを象徴するタンクにはニーパッドが付属します。また、スチール製リアマッドガード、クローム仕上げのミラー、クロームハンドルバー、クロームヘッドライトベゼル、クロームフィラーキャップなどにこだわりが見て取れます。コンパクトでエレガントなリアライトは省電力のフルLED、スタイリッシュなデザインで高い被視認性を実現します。

2021新型ボンネビルT100のボディカラーはクラシカルな3種類。ルツェルンブルー/フュージョンホワイトにシルバーの手描きコーチライン入り、すっきりとしたシングルカラーのジェットブラック、カーニバルレッド/フュージョンホワイトにシルバーの手描きコーチライン入りです。

T100をカスタマイズしたいライダーのために117種類の純正アクセサリーも用意しています。アクセサリーはどれもバイクとの相性を考え、バイクと並行して開発・試験が実施され、ライダーのテイストやニーズに応じてカスタマイズできるように幅広いアイテムが揃えられています。

各種ラゲッジ、オプションのシートやスクリーンなど、目的に合わせて選択できます。グリップヒーターは車体にすでに配線済みで後は装着するだけ。寒い時期も手が温かく、運転が楽になります。クルーズコントロールは長距離走行につきもののスロットル操作による疲労を軽減します。

エキゾーストのヘッダー、リング、サイレンサーをブラックで統一し、ブラックアウトしたスタイルを強調することもできます。トライアンフの純正アクセサリーは充実のラインアップです。


2021新型ストリートツイン

楽しい走り。スタイリッシュなルックス。高い実用性。

MY21_StreetTwin_HR2

トライアンフのモダンクラシック人気No.1のストリートツインが最新モデルに進化しました。低排出ガスを実現した最新の900cc高トルク型ツインエンジンを搭載し、トルクリッチでスリリングなパフォーマンス、ライダーの自信を後押しするハンドリング、現代的なカスタムスタイルをさらなる高みへと引き上げました。ベンチシートの座り心地が改善されたほか、ディテールとフィニッシュの洗練性がアップしています。純正アクセサリーは120種類をラインアップ。ストリートツインはルックスが美しく、ハンドリングが扱いやすく、ビギナーからベテランまで幅広いライダーの期待に応える理想的なモダンクラシックです。

向上したパフォーマンス

2021新型ストリートツインでは、900cc高トルク型エンジンがアップデートされ、定評あるボンネビルツインエンジンのパワー、キャラクター、レスポンスを受け継ぎつつ、排出ガスの低減によってユーロ5の基準をクリアし、優れた燃料性能を実現しています。

新型ストリートツインは、低回転から高回転まで圧倒的なトルクを発生し、いつでもスリリングな加速を可能とします。最高出力は65PS@7,500rpm、最大トルクは80Nm@3,800rpmです。この強力なパワーとトルクは、ライドバイワイヤによって最適に制御されます。

定期点検までの走行距離は1万6千キロです。

向上した快適性とスタイル

2021新型ストリートツインはモダンカスタムスタイルに一層磨きがかかり、完全新設計のキャストホイール、座り心地が向上した新設計ベンチシート、新設計ボディパーツなどの新装備が採用され、ブラッシュドアルミのヘッドライトブラケットなど、フィニッシュとディテールの高級感がアップしています。

コンパクトなヘッドライトには、トライアンフのロゴをデザインしたバルブキャップバッジが付きます。LEDリアライトもコンパクトでエレガント、特徴的な光を放ちます。

時代を超えて受け継がれるボンネビルのデザインDNAと、カスタムをイメージした無駄のないミニマルなボディ。美しい造形のタンクにはロック式クロームフューエルキャップ、フロントマッドガードはコンパクトなデザイン、新サイドパネルにはメッシュを採用し、プレミアムなタンクデカールがルックスを一段と引き締めます。

クラストップのフィニッシュも健在で、新設計のブラッシュドアルミ製スロットルボディフィニッシャーやブラックのボンネビル専用エンジンカバーなどが、シリンダーヘッドのフィンやヘッダーのクランプと美しく調和します。

新キャストホイールはスポークにマシニング仕上げを施し、カスタムテイストを演出。タイヤはピレリ製PHANTOM SPORTSCOMPを装着し、優れたグリップと耐久性を実現します。

ストリートツインのプロテクション性能、快適性、スタイル、実用性、セキュリティをカスタマイズしたいライダーのために、トライアンフ純正アクセサリーを120種類用意しています。各種ラゲッジ、フライスクリーン、グラブレール、エンジンドレッサーバー、エンジンプロテクター、ブラックまたはクロームのエンジンカバーなどがあります。アクセサリーはすべて、バイクとの相性を考え、バイクと並行して設計・開発され、バイクと同様の厳格な試験が実施されています。

2021新型ストリートツインのボディカラーは、コバルトブルー、マットアイアンストーン、ジェットブラックの3色です。

自信に満ちた走りを支えるハイスペック装備

2021新型ストリートツインのシートはシートパッドが見直され、クッションが10ミリ厚くなって座り心地が向上しているため、ライダーは一層快適にライディングを楽しめます。

足つき性の良さで定評があるストリートツインは、ニューモデルもシート高が765mmと低く、スリムな車体でまたがりやすく、体格を問わず幅広いライダーにお乗りいただけます。

直感的でニュートラルなハンドリングで抜群に扱いやすいことに加え、ハイスペックな標準装備も魅力です。カートリッジフロントフォークとツインリアショックを搭載し、ブレンボ製フロントブレーキとシングルブレーキディスクが優れた食いつきと上質なブレーキフィ-ルを実現。トルクアシストクラッチはクラッチレバーの操作力を軽減し、混み合う街中や長距離移動時の心強い味方となります。

ABSと切替式トラクションコントロールを標準装備し、トラクションを失うとトルクが制御されます。ライディングモードは「ロード」と「レイン」の2種類です。ウェットまたはドライの路面状況に応じてライディングモードを選択すると、スロットルマップとトラクションコントロールの設定が切り替わり、最適なパフォーマンスを実現します。

ストリートツインのスタイリッシュなメーターには、クラシカルなアナログスピードメーターにデジタルディスプレイが組み込まれています。デジタルディスプレイはハンドルバーのスクロールボタンを使い、運転中も指先ひとつで簡単に操作できます。

その他に、シート下のUSB電源ソケット、キーフォブ内蔵式イモビライザーが標準装備され、オプションでグリップヒーターやタイヤ空気圧モニタリングシステムを装着できます。

2021新型ストリートツイン ゴールドライン リミテッドエディション

こだわりの美しさ。魅力的なデザイン。希少な限定モデル。

ストリートツイン ゴールドラインは、伝統を感じるトライアンフのロゴがクラシカルなカスタムテイストを演出する限定モデルで、手描きのゴールドラインには、トライアンフペイントショップの高度な技が光ります。この限定モデルには、最新のストリートツインに施されたアップデートがすべて含まれます。この美しいマシンは全世界で1,000台のみの限定生産となり、一台一台に車体番号を記した証明書が付属し、特別感をさらに高めます。

手描きのゴールドラインが映える特別なカスタム

限定モデルのストリートツイン ゴールドラインは、美しいマットサファイアブラックのボディに、クラシカルなトライアンフのロゴがあしらわれ、ゴールドのラインが手描きされます。

MY21_StreetTwinGoldLine_RHS

ホイールのディテールにもこだわり、マシニング仕上げのスポークを採用するとともに、ゴールドのピンストライプを施しました。新設計サイドパネルには「STREET TWIN」のロゴをあしらい、限定モデルのカスタムテイストを演出しています。

1,000台限定

ストリートツイン ゴールドラインは、1,000台限定の貴重なカスタムエディションであり、搭載されている装備は2021新型ストリートツインとまったく同じです。トライアンフペイントショップの優れた職人技による手描きのゴールドラインが光ります。

この限定モデルには、一台一台にVIN番号を記した証明書が付属し、コレクター必携のモデルとなっています。

2021新型ストリートツインのアップデートを網羅

ストリートツイン ゴールドラインは、排出ガスの低減とユーロ5への適合を果たしたエンジンを搭載していることに加え、ベンチシートとキャストホイールとボディパーツを新設計とし、ディテールにブラッシュドアルミを採用するなど、快適性とスタイルが向上しています。つまり、この限定モデルには、2021新型ストリートツインに施されたアップデート内容がすべて盛り込まれています。765mmの低いシート高、ブレンボ製フロントブレーキ、ライディングモード2種類、ABS、切替式トラクションコントロールも搭載し、自信を鼓舞する軽快で機敏な乗り味をもたらします。トライアンフのモダンクラシックの中でNo.1の人気を誇るストリートツインの貴重なリミテッドエディションです。

※ストリートツインゴールドラインは2021年5月発売予定

2021新型ボンネビルスピードマスター

こだわりの美しさ。高い実用性。快適な乗り味。

スピードマスターは、ゆったりとした理想的なポジションでロングライドも楽しめる英国生まれのクラシックカスタムです。最新モデルは、エンジン性能の強化と各装備のハイスペック化、そしてディテールの高級感の向上により、使い勝手の良さと洗練されたスタイルを一段と引き上げました。ラゲッジをはじめとするアクセサリーは全79種類。これまで以上に快適でスタイリッシュで洗練された乗り心地を叶える最新モデルです。

MY21_SpeedMaster_HR2

向上したパフォーマンス

新型スピードマスターの心臓部となる1200cc高トルク型ブリティッシュツインエンジンは、この2021年モデルのためにアップデートされ、瞬発力とレスポンスが一層向上しています。

スピードマスターも、ボンネビルシリーズ共通の270度クランクを採用し、専用チューンによって低回転から高回転まで、高トルクと高出力を発揮します。

新型スピードマスターは慣性力の低減と新たなチューンによって出力とトルクがよりスムーズに伝達され、特に中速域でのパワーが著しく向上しました。その結果、排出ガスが低減し、ユーロ5の基準をクリアするとともに、優れた燃費性能も実現しています。

強大な最大トルクは4,000rpmの低回転で106Nm。5,750rpmまで最大トルクの9割を発生するため、何速で走ってもエキサイティングな走りを体感できます。最高出力は78PS@6,100rpmです。

排出ガス低減と燃費向上に不可欠な水冷システムはボディに巧みに組み込まれています。同様に、ブライトクロームのステンレス製エキゾーストも巧みに配置されています。スピードマスター独自のエキゾーストシステムは、豊かで深みのあるサウンドを響かせ、ツインスキンデザインによって触媒を目立たせないことで、ヘッダーパイプの流れるようなラインを形作っています。

トライアンフ最新のライドバイワイヤによってスロットルを正確に制御し、「ロード」と「レイン」の2種類のライディングモードを一層強化しています。

どちらのライディングモードでもスピードマスターのフルパワーが維持され、スロットルレスポンスとトラクションコントロールの設定が最適に調整されるため、路面状況が変化しても操縦性と安全性が確保され、自信を持って走行できます。

定期点検までの走行距離が1万6千キロと非常に長く、維持費を抑えることができるのも魅力です。

向上したハンドリング

2021新型スピードマスターは、ショーワ製カートリッジフォークを47mmに拡大し、目立たないように搭載したモノショックリアサスペンションユニットをプリロード調整可能とするなどスペックを一層引き上げ、ソロでもタンデムでも優れた操縦性、快適性、制御性を実現します。

高性能なブレンボ製ブレーキとツインディスクは抜群の制動力を発揮します。安全性と制御性を最大限に確保するため、トライアンフ最新のABSと切替式トラクションコントロールを標準装備。どちらもスタイリングに溶け込むように巧みに搭載されています。

スピードマスターはトライアンフの持ち味であるニュートラルで機敏で扱いやすいハンドリングを意識した設定となっており、リラックスした快適なライディングポジションで走行できます。トライアンフで最も足つき性の良いモデルのひとつであり、シート高は705mmと非常に低い設定です。

2021年モデルには、快適性を重視したツインシートが搭載されています。ライダーシートは造形が美しく、厚みのある構造で、独立したランバーサポートが付属します。パッセンジャーシートは先代モデルよりクッションが11mm厚くなりました。

ツインシートとシングルシートを簡単に切り替えできるため、見た目の好みに合わせて選択したり、便利なアクセサリーのリアラックを取り付けることもできます。

トルクアシストクラッチは、長距離や交通量の多い街中での走行でライダーをアシストします。クルーズコントロールも標準装備され、ボタンひとつの簡単操作で直感的に使用できます。

向上したスタイルとディテール

スピードマスターはボンネビルのアイデンティティとDNAを受け継いでいますが、そのスタイルは美しくアイコニックなカスタムクルーザーです。

サイドマウント式のイグニッションバレル、クラシカルな「ドラムブレーキ」風のリアハブ、ビンテージスタイルのステンレスストラップが付いたバッテリーボックスなど、すっきりとしたボディパーツにオーセンティックなテイストがプラスされ、スピードマスターのアイコニックなルックスを作り上げています。

メーターはベゼルとメーターパネルが一新され、「BONNEVILLE」のロゴがさりげなくあしらわれています。LCDディスプレイはハンドルバーのスクロールボタンで直感的に操作できます。

2021新型スピードマスターでは標準装備としてヘッドライト、リアライト、ウィンカー、ナンバープレートライトをすべてLEDとし、省電力と長寿命を実現しています。

ボンネビルシリーズはカスタムベースとしても優秀で、スピードマスター向けに79種類以上のトライアンフ純正アクセサリーが用意されています。アクセサリーはすべてバイクとの相性を考え、バイクと並行して設計・開発され、バイクと同じ厳格な試験が実施されています。

スピードマスターで長距離走行をより楽しみたい場合は、レザーやワックスコットンのパニアケース、クロームのラゲッジラック、パッセンジャーバックレスト、ライダーフットボード、ロングツーリングスクリーンが最適です。

シートにも様々なオプションがあるほか、ハイハンドルバーやスイングアーム装着式バッグ、クロームかブラックのティアドロップミラー、ドレッサーバー、各種バッジ、キャップ、カバー、フィニッシャーなども用意されています。

エキゾーストシステムをブラックで統一することもできますし、寒さ対策にはグリップヒーターが役立ちます。スピードマスターにはクリップヒーター用にあらかじめ配線が通っていますので、簡単に装着できます。

ボディカラーはスタイリッシュな3種類。ジェットブラック、艶やかな新色のレッドホッパー、そしてフュージョンホワイト/サファイアブラックのツートンカラーにはツインコーチラインが手描きされます。

2021新型ボンネビルボバー

ピュアで、ワイルドで、美しい。

圧倒的なルックスとスリリングな乗り味を兼ね備えた最新のボンネビルボバーは、無駄を削ぎ落としたエレガントなスタイルのカスタムクラシックです。先代ボバーからは唯一無二のオーセンティシティと革新的なエンジニアリングを受け継ぎ、ボバーブラックからはカテゴリートップのハイスペック装備を受け継いだ、まさにいいとこ取りの2021新型ボバーです。エンジン性能の強化によってレスポンスを向上させ、スリリングな乗り味に磨きをかけたとこに加え、テクノロジーと装備のスペックをさらに引き上げ、スタイリングをブラックアウトして骨太感を強調するなど、大幅なアップデートが施されています。トライアンフ純正アクセサーはハイハンドルバーや各種ラゲッジ、オプションのシートなど、77種類が用意されています。また、新型ボバーはシートとフットレストの位置を調節できるというクラストップの便利な機能もあり、ライダーは自分にぴったりのスタイルでライディングを楽しむことができます。

向上したパフォーマンス

新型ボバーはトライアンフ最新の1200ccボンネビル高トルク型ブリティッシュツインエンジンを搭載しています。アップデートされたこのエンジンは、慣性力の低減によってレスポンスが向上し、滑らかなトルク曲線を描きます。

魅力的な鼓動感の270度クランクの恩恵により、スムーズかつリニアにパワーが伝達され、特に5,500rpmでのパワーアップが顕著です。4,000rpmの低回転で106Nmという圧倒的な最大トルクを発生し、最高出力は6,100rpmで78PSです。

新型ボバーはユーロ5に適合。先代ボバーより排出ガスが低減し、優れた燃費性能を実現しています。新設計の燃料タンクは12リットルに大型化され、航続可能距離が33%長くなりました。

トライアンフの最新ライドバイワイヤシステムによってスロットルを正確に制御し、「ロード」と「レイン」のライディングモードが強化されています。ライディングモードを選択すると、スロットルレスポンスとトラクションコントロールの設定が切り替わり、どのような路面状況でも安心・安全に走行できます。

シートの下には独特のツインエアボックスが配置され、真っ直ぐに延びたエキゾーストパイプの下には触媒ボックスが巧みに隠されています。ピーシュータータイプのスラッシュカットツインサイレンサーが全体のルックスを引き締め、ハスキーで深みのあるサウンドを響かせます。

定期点検までの走行距離が1万6千キロと非常に長く、維持費を抑えることができるのも魅力です。

MY21_Bobber_HR1

向上した各種装備

2021新型ボバーは、16インチの幅広なフロントホイールと、新設計の47mm極太フロントフォークを搭載し、堂々とした逞しいフロントエンドを作り上げています。

ホイールは前後とも幅広で、クラシックなワイヤースポーク、ホイールリムはブラックです。ボバーのために特別に開発されたエイボンコブラタイヤは、軽量構造により、優れた高速操縦性とクラス最高の安定性を実現します。

フロントブレーキはプレミアムなブレンボ製2ピストンキャリパーとツインディスク、リアにはシングルディスクを搭載し、優れた制動力を発揮します。トライアンフ最新のABSと切替式トラクションコントロールを標準装備し、安全性を確保します

ボバーの正統派ハードテイルルックの要となるのはフローティングアルミニウムシートであり、モノショックサスペンションと独特の「スイングケージ」型スイングアームもハードテイルを演出しつつ、優れたホイールコントロールとひとつ上の快適性をもたらします。人間工学に基づいて形状が見直されたシートは座り心地が向上し、厚みが増したクッションには繊細なステッチがプラスされています。シート高はわずか690mmで、抜群の足つき性です。

シート位置を上下前後に調節可能で、ライダーの体格を問わず、快適で乗りやすいライディングポジションにできます。ライディングポジションに合わせ、メーターも見やすい角度に調節できます。

ブラックアウトされた新鮮なスタイルとディテール

新型ボバーには、ボバーの魅力として広く知られている個性的な装備や美しいディテールが散りばめられています。すっきりとしたスチールフェンダーは中央のリッジ付き、ワイドでフラットなハンドルバーと調節式レバー、造形の整ったトップヨーク、ラバーブーツ、クラシカルな「ドラムブレーキ」風リアハブ、サイドマウント式イグニッションバレル、ブラックペイントのバーエンドミラー、LEDブリットウィンカー、新設計のフルLEDヘッドライトなどが、ボバーらしさを演出します。

ヘッドライトには特徴的なLEDデイタイムランニングライトが組み込まれ、被視認性を向上させます(各地域の規制に準じます)。

ミニマルなボバースタイルに加え、2021年モデルではエンジンカバー、カムカバー、スプロケットカバーのデザインを一新してブラックで統一し、渋く、ダークな雰囲気を際立たせています。

メーターはベゼルが新しくなり、「BONNEVILLE」のロゴ入りのメタルエンベリッシャーが付属します。新設計メーターパネルは目盛りを半透明のシルバーとし、警告ランプをすっきりと組み込みました。マルチファンクションディスプレイは、ハンドルバーのスクロールボタンで簡単に操作できます。

2021新型ボバーのボディカラーは新色のマットストームグレー/マットアイアンストーン、同じく新色のコードバンレッド、伝統のジェットブラックの3種類です。

2021新型トライアンフスクランブラー1200とストリートスクランブラー

近日発表。

2021新型スクランブラー1200のXCモデルとXEモデルの詳細を2021年4月13日に発表します。

2021新型ストリートスクランブラーの詳細を2021年4月20日に発表します。

1959年誕生の初代ボンネビルT120

往年のブリティッシュスーパーバイク

初代ボンネビルT120は1959年に発売され、その圧倒的なルックスと常識破りのパフォーマンスでバイク界に変革をもたらしました。ツインシリンダーとツインキャブレターを組み合わせたパフォーマンスと、大幅に向上したハンドリングに、英国流デザインと1950年代のアメリカンテイストを融合させたユニークさが受け、世界的な大ヒットとなりました。1960年代にイギリスの若者から世界へと波及していったバイク文化をボンネビルが牽引しました。

1959_Bonneville_T120

この記念碑的モデルのネーミングは、スピードの聖地であるアメリカのボンネビル・ソルトフラッツにて、1956年にトライアンフのストリームライナー「テキサスシーガー」がオートバイの地上最速記録を更新したことに由来しています。そのときの記録は時速214.4マイル、ドライバーはテキサス生まれの名レーサー、ジョニー・アレンでした。

初代ボンネビルT120は、ツインキャブレターを採用したトライアンフのパラレルツインエンジンとトライアンフ独自の軽量シャシーを搭載して他とは一線を画すパフォーマンスを発揮し、今日のモダンクラシックバイクの原点となりました。1960年代にはT120を改造したカフェレーサーやカスタムロードスター、クルーザー、ボバー、デザートスレッドスクランブラーなどが次々と誕生しました。こうして誕生したカスタムバイクは、次第に独自のスタイルとして確立され、現在も1959年の初代ボンネビルのDNAが脈々と受け継がれています。アメリカの伝説的映画スターのスティーブ・マックイーンをはじめ、時代を彩るスターたちもボンネビルを好み、ツーリングやレースやカスタマイズを楽しみました。

ボンネビルが2001年にトライアンフのラインアップに復活して以来、トライアンフヒンクリー工場のR&Dセンターでは、ボンネビルを絶えず進化させてきました。時代を超越したシルエットやブリティッシュツインのリッチなトルクのパフォーマンス、特徴的なサウンドといった往年のエッセンスとアイコニックなデザインを大切にしつつ、そのクラシカルなルックスに現代的な乗り味と万能性を融合させてきたのです。いつの時代も最新のボンネビルをお届けするというコミットメントどおり、2021新型ボンネビルシリーズは、トライアンフが誇るクラストップのハンドリング、上質なフィニッシュ、スリリングなパフォーマンスのすべてがワンランクアップしています。